アルカリ骨材反応抑制|ASRリチウム工法協会

アクセス数
今日24
累計436904
(2012/02/15〜)
Googleサイト内検索
ASRリチウム工法協会
〒732-0052
広島市東区光町2丁目6番31号
TEL 082-205-5364 
FAX 082-261-1269
コンクリート構造物に生じたASR(アルカリ骨材反応)を抑制する補修工法 亜硝酸リチウムを主成分としたASR抑制剤をコンクリート中に圧入し、構造物全体のASR(アルカリ骨材反応)を根本的に抑制|ASRリチウム工法協会

ASRリチウム工法協会の最新情報

 
ASR(アルカリ骨材反応)は「コンクリートの癌」とも言われ、これまで多くの関係者を悩ませてきました。

ASR(アルカリ骨材反応)の補修工法としては、コンクリート表面のみの処理(被覆・含浸等)が主流ですが、比較的早い段階で再劣化する事例が多く、従来の工法では十分な補修効果が得られない場合があることが明らかになってきました。

「ASRリチウム工法」は、コンクリート深部まで削孔し、亜硝酸リチウムを主成分としたASR抑制剤を劣化範囲に効果的に圧入し、以後のASR(アルカリ骨材反応)による骨材膨張を根本的に抑制する工法です。

コンクリート構造物の劣化に関するフォーラム

新着情報

リンクについて

バナー(GIF 88×31)
 ASRリチウム工法協会はリンクフリーです。
 相互リンクをご希望の方は、info@asrli.jpまでご連絡ください。
 リンクはTOPページにお願いいたします。
Copyright(C) 2007〜 ASRリチウム工法協会All rights reserved 当サイト内の素材の無断転用を禁止します。